相模灘の蔵人日記

神奈川県相模原市で地酒・相模灘を造っている久保田酒造です!

東京国税局の平成30年酒類鑑評会で
相模灘の純米吟醸吟風(ぎんぷう)が純米燗酒部門で入賞しました👏👏
酒類鑑評会とは簡単に言うとお酒のコンテストです。

そして、吟風とは北海道産の酒米の事です。
3年程前から使用していてお酒の評判も上々です🤗🤗
現在、一升瓶のみで販売中です。
IMG_2357
蔵の直売所の様子です。
熟成粕や梅酒の梅の実なども販売中です😀
IMG_2358


40メートルの大蛇が蔵に現れました。
大蛇の正式名称はシューターホースと言います。蔵では通称、大蛇。
釜で蒸した酒米を強風で冷ますと同時に大蛇の中を飛ばしてタンクに仕込みます。
なので大蛇は釜から一番奥の仕込み蔵まで伸びています。
IMG_2347
天井を這わすので取り付けも一苦労💪
空のホースとはいえ重いんです🏋️‍♀️
事務員さん👩‍💼も含めて総出で取り付けます。
取り付けるとこんな感じ、まさに大蛇🐍
IMG_2354
ちなみに大蛇の出番はもう少し先です^_^

甑(こしき)を和釜の上に載せました。
甑とは、洗った酒米を蒸す容器です🤲
簡単に言うと大型の蒸籠(せいろ)ですね🤔

甑の周りに緑色のマットを巻いて結露しないようにします。この甑で一度に最大500kgの酒米を蒸す事が出来ます🤗
蔵人2人が慣れた手つきで作業中です💪
IMG_2313作業

本日は湯篭り(ゆごもり)という作業をしています。

麹造りで使う木の箱などを大きな和釜で煮沸させて殺菌します。
IMG_2299
麹造りで使用する大箱。
IMG_2298

酒造りの時期が近づいてきました。

その前に蔵全体を大掃除します(秋洗い)
蔵周辺、蔵の中、麹室など全て丸洗いしていきます。

画像は貯蔵庫を高圧洗浄機で洗う様子です😀
IMG_2234

このページのトップヘ