相模灘の蔵人日記

神奈川県相模原市で地酒・相模灘を造っている久保田酒造です!

今朝、甑起こし(初蒸し)をしました。
半年振りの米蒸しなので心配でしたが、トラブルも無く良い酒米が蒸しあがりました
これからは来春までほぼ毎日米蒸しが続きます😀

29年度産の酒米(美山錦)が入荷しました。今期は例年より10日程遅い入荷となりました。
写真の一番下が玄米です。
今回は精米歩合55%と60%の2種類を入荷しました。精米歩合55%とは玄米の重さに比べて55%の重さになるまで精米してるという事、つまり45%は削っているということです。
清酒は米の中心部のみから造られる贅沢なお酒です🍶

甑起こし(初蒸し)の日が近づいてきました😀
甑に直接酒米を入れて蒸すと、甑に触れる底の部分がベタベタするので下に擬似米を敷きます。
10センチくらいの厚みでプラスチックのビーズが入っていて、和釜の蒸気が擬似米を通る時に均等になりムラなく酒米を蒸す事が出来ます👍

和釜の上に甑(こしき)を設置しました🤗甑とは酒米を蒸す大きなセイロの様なものです。
和釜で沸かした蒸気で甑の中にはりこんだ酒米を一時間掛けて蒸します。

29BYの甑起こし(初蒸し)は10/28日を予定しています👌

長雨🌧が続いていましたが今日は久しぶりの晴天☀️酒造りの布用の物干し竿を作ります。裏山から青竹を切り取り丁寧に磨いてから設置しました。青竹は殺菌効果があるそうです。

このページのトップヘ