相模灘の蔵人日記

神奈川県相模原市で地酒・相模灘を造っている久保田酒造です!

純米吟醸(山田錦)の上槽の様子です。

水色の大きい機械が絞り機です
中に酒袋が60枚セットされていて、そこに醪を送り込みます。そして横から油圧で圧力を掛けて絞っていきます。
IMG_1018
絞りたての新酒です。
このお酒はこの後直ぐに瓶詰めして生酒として出荷します。
IMG_1026

3/10〜3/11の2日間、Aコープ城山店で試飲即売会を開催しています。
今回は酒粕、梅酒、焼酎がメインです。

酒粕は万能薬、万能調味料として昔から重宝されています。👍

是非、お立ち寄り下さい🤗
IMG_0919

酒粕の袋詰め作業の様子です🤗

一度の搾りで約400Kgの酒粕がでるので全て1キロずつ袋詰めしています😊

酒粕は味噌汁に入れて粕汁にしたり、
お湯で溶いて砂糖を入れて甘酒にしたり、
様々な使い方が出来て栄養も満点です👍

IMG_0918

IMG_0916
酒粕は4月末頃まで販売しています🤗

仕込み終わった醪は搾るまでの一ヶ月間ほぼ毎日成分分析をします🤗
毎朝、櫂入れ(醪の撹拌)後、サンプリングをしてアルコール度数、酸度、アミノ酸度、日本酒度を計測します。
IMG_0903
年季の入ったアルコール度数測定のための蒸留機。未だ現役で毎日使用しています🤗
IMG_0904

IMG_0905
毎日分析をして、醪の状態を把握して予定通りの経過を辿るように醪の温度管理をしています👌

本日より3/4まで相模大野ボーノ内のサガミックスで試飲即売会を開催しています。

出来たての新酒の生酒や、酒粕を発売中です。

今回も蔵人が出向いてます🤗
IMG_0907

このページのトップヘ