上槽(しぼり)したお酒を一時的に貯蔵する琺瑯(ホウロウ)タンクです。
蔵にある大小様々な琺瑯タンクはほぼ全て昭和30年代の製造品です。
最近ではあまり見かけなくなった琺瑯製品とは、ガラス繊維を高温で焼き付けたもの。つまりガラスみたいなもので割れない限りは使い続ける事が出来るんです。タンクが100歳位になるまで大事に使い続けたいです(^^)